泉州ドットコム 泉州ドットコム お問い合わせ
神社   寺院   遺跡   人物   食文化   泉州
泉州ドットコム 泉州文化
大鳥大社 泉穴師神社 聖神社 積川神社 日根神社 泉井上神社 岸城神社 葛の葉神社
葛の葉神社・葛の葉伝説
神社の鳥居の脇に説明書きがあります
「境内」  
「句碑」 「姿見の井戸」 「だんじり小屋」
「鏡池」

ここで葛の葉が変身したといわれています。聖神社のうらてにあります。
「葛の葉子別れの図」
塚市三松町のだんじり(小屋根枡合)、熊取町野田のだんじり(元、岸和田市・堺町)の彫り物にもなっています。

芦屋道満大内鑑(あしやどうまんおおうちかがみ)
保名内(やすなうち)前篇の山場、第四段葛の葉子別れの場面。

 朱雀天皇の時代、毎夜白い虹が月の面をつらぬいて、不吉のきざしだと世の中の人々は、不安に思っていた。
 そこで陰陽師に占いを立てさせようとするが、陰陽師加茂保憲には阿部保名と芦屋道満という二人の高弟がいて、そのどちらに秘伝書を譲るか、遺言するいとまもなく保憲が死んでしまった。

 保名には、死んだ保憲の養女の榊の前という相思相愛の女性がいた。東宮の外戚左大将元方と小野好古の派閥争いがこれにからみ、榊の前が自殺をした。愛人を失った保名は気がふれて、榊の前の小袖を手にして都から姿を消した。愛人のかたみの小袖を抱きしめて、夢うつつの放浪をつづける保名は、信太の里にたどりつき、そこで死んだはずの榊の前に出会い、これがきっかけで保名の狂気がなおった。

 ところが保名が榊の前と思ったのは、実は榊の前と瓜二つの妹の葛の葉姫で、この娘は信太の庄司(村長)の二番目の娘であった。姉の榊の前は加茂保憲の養女になっていたわけである。保名は葛の葉姫と結婚し、信太の里に住んだ。都では、皇太子の后に世継ぎの子が生まれないので、占うと、年取った白い女狐の血を飲ませると、不妊がなおるということである。そこで都から悪右衛門という武士が、白狐狩りに信太の里にやってきた。幾日もかかって白狐狩りをした挙句、悪右衛門の部下が、白狐を見つけ矢を射かけた。矢傷を負った白狐が、おりよく通りかかった保名に一命を助けられた。
 ところがその後、悪右衛門の手にかかって重傷を負った保名を見た白狐は、恩返しに葛の葉姫の姿になって保名を介抱した。保名は狐の葛の葉とも知らず、悪右衛門の追跡から身を隠すため、葛の葉をつれて阿倍野の里に移り住み、二人の間に童子丸という子をもうけた。

 一方、本当の葛の葉は、父母と共に行方不明になった夫保名の行方を探していたが、やがて阿倍野の里に保名らしい人が住んでいると風の便りに聞いて、葛の葉は父の庄司と保名の家を尋ねた。保名が玄関に立っている葛の葉と庄司の姿を見て呆然と立っていると、「一体どうして黙って信太の里から去ったのか」となじった。その声が家の中に居る狐の葛の葉にも聞こえた。もはやこれまでと思った狐の葛の葉は、寝ている童子丸を抱き上げ、
「狐の子だからと人に笑われることのないようにせよ。母は陰からおまえを見守っている。」などと諭すと、

恋しくば
尋ねきてみよ 和泉なる
信太の森の うらみ
くずのは

の和歌を残して、狐の姿となり窓より逃げ去った。
 本当の葛の葉がその後、童子丸を我が子として大切に育てた。童子丸は長じて陰陽学博士安倍晴明になった。

 上記は、竹田出雲が、享保19年(1734年)大阪の竹本座で上演して人気を博した、「芦屋道満大内鏡」という浄瑠璃のあらすじである。

泉州モール - 泉州文化 - 泉州エンタ - 泉州だんじり - 泉州パブリック
泉州ジョブ - 泉州リンク - パソコンサポート
泉州ドットコム - 泉州ドットコムとは - 広告掲載 - 会社概要 - お問い合わせ - サイトマップ
Copyright (c) 2004 Sen-shu.com All Rights Reserved.